DVD Fantasium
米国版DVDオンラインショップ Shopping CartWish ListLog InAccount InfoContactHome
  Genre Search Genre Search Price Down Special Sale Romors  
  Movie Dialogue Easter Eggs Artwork Gallery Editor's Choice Disk Reviews  
   
 
   
     
一般的に画質や音質のクオリティが高く、特別収録が豊富といわれている米国盤DVD、そしてよりハイ・クオリティを誇るBlu-ray。でも実際に視聴したうえでの具体的な評価が知りたい!という方のために、映画を愛し、そして米国盤ディスクをこよなく愛するレビューアが、作品の見どころ、DVD/Blu-rayの画質、音質、特別収録の内容を詳しくご紹介。各ジャンルに精通した専属レビューアによる、さまざまな作品のレビューをお届けします。

レビューアー大募集!
このコーナーにあなたもディスク・レビューを書いてみませんか?
DVD Fantasium では一般のユーザーからもレビューアを大募集しています。DVD/Blu-rayであれば、ジャンルは問いません。幅広い作品のレビューを求めています。採用された方には次回レビュー用DVDを無料提供。我こそはという方は、好きな映画のジャンルをお書き添えのうえ、 review@fantasium.com までお問い合わせください。折り返し詳細をご連絡いたします。
Disc Review RSS Disc Review RSS Help
最新レビュー
 

Lucky Star Vol.1: Special Limited Edition (2007)
(らき☆すた #1(限定盤))

<作品データ>
リージョン: 1
制作: Bandai Entertainment
映像仕様: LBX
音声仕様: Dolby Digital Stereo (Japanese), Dolby Digital Stereo (English)
作品時間: 100分
画面比率: 1.85:1
CC: No
字幕: English


あらすじ
   

チョココロネを食べるとき、どっち側から食べ始める?
上か下か?どっちが上でどっちが下?そもそもチョココロネって、何?
黒井先生のクラスの女子生徒たちが日々探求している、菓子パンの正しい食べ方。

運動神経抜群で頭も良いのにプライムタイムのアニメに情熱を捧げるあまり、オタク系のこと以外はからっきしダメな"こなた"。百科事典みたいに物知りで、めがねっ子萌えの典型"みゆき"。気が強いけどシャイなツンデレ、こなたのからかいやおふざけにいつもツッコミを入れる"かがみ"、優しくておっとり、ぼーっとした二卵性双生児の妹"つかさ"。

誰も気にしたことのない日常に疑問を持ち、あくなき探求心を抱く女子高生たちを通して、「人間の条件」を探索した本作!
(米国盤DVD "Lucky Star Vol.1"ジャケット解説より)

「コンプティーク」誌連載の美水かがみによる4コマ漫画をTVアニメ化し、社会現象的な大ヒットとなった「らき☆すた」。オタクな女子高生"泉こなた"、その友人の"柊かがみ"と双子の妹"柊つかさ"、"高良みゆき"の4人を中心として、女子高生達のゆるい日常生活を描く。ドラマチックなストーリー展開がまったく無いなか、日常会話の積み重ねだけでキャラクターの個性を際立たせ、普通の女子高生ひとりひとりの個性と豊かな人間関係をシリーズの進行と共に浮き彫りにしてゆく。

ファンが聖地巡礼と称して、埼玉県鷲宮町に登場した各地を訪れるようになったり、地元では柊一家を町内の架空の住所に住民登録するなど、社会現象的ブームになった大ヒット・アニメ。


    見どころ  
     

「らき☆すた」米国盤DVDは、5月6日にVol.1、7月1日にVol.2がそれぞれボックス付限定盤とディスクのみの通常盤(各4話収録)でリリースされた。今回はVol.1限定盤についてのレビュー。楽しい付属特典や英語吹替えの収録、お手頃価格と、米国盤ならではのDVDに日本のファンも大満足間違いなしだ。

これだけ社会現象になった「らき☆すた」の面白さは、日本のユーザーにはいまさら紹介するまでもない。しかし、おそらく多くの日本に住む「らき☆すた」ファンにとって、この「らき☆すた」はアメリカでも本当にウケるのだろうか?という疑問がもたげるのではないか。確かにアメリカでも同メーカーから出た「涼宮ハルヒの憂鬱」に続く人気DVDとなっているが、これほど過去の日本のアニメ、マンガ、TV、ゲームなどの引用やパロディ満載の本作をアメリカ人も面白い思うのか。いやそもそも、話の内容を理解できるのか、と思わざるにはいられないだろう。

そこで今回は「らき☆すた」の大ファンでもあるDVD Fantasium のアメリカ人スタッフに、作品見どころをレビューをしてもらった。(原文に続き和訳を掲載)

When I first began watching Lucky Star, I'll admit I had a hard time getting into it because many of the outside references were over my head. I knew what a Chocolate Cornet was, but I couldn't stop myself from looking for a true "meaning" of the show, its main purpose for existing. Luckily for me, this urge soon faded as I began to realize that Lucky Star is meant to poke fun at the everyday, and to remind the viewer that our realities are never as boring as they really seem, but are full of comical and emotional moments that we remember and recount over and over again as our life goes on.
This is represented well between scenes of conversational topics and the reality of these girls' lives. For example, when Konata is discussing the many types of "moe" Miyuki has, the next scene immediately following shows an example of Miyuki coincidentally expressing these traits.

Having watched a fair amount of anime over time, coming across Lucky Star was a breath of fresh air. I think this is mostly attributed to its contemporary and realistic portrayal of a group of high school girls living in Saitama in the 2000s. For all the realistic details it affords, the viewer always knows we are still in an idyllic anime world. As a non-Japanese person watching Lucky Star, I became obsessed with the constant references to otaku culture of the real world. Lucky Star is an excellent example of a "meta-anime": an anime dedicated to and constantly referencing the world of anime itself.
I would go on to say that without the internet there would probably be very little interest in Lucky Star in America. Being able to jump right onto Youtube and enjoy the same commercials from the 1970's that Konata references (Timoteiiii~) changes Lucky Star from an exclusively Japanese-relevant show into a comedic anime that can be enjoyed anywhere regardless of location.

From the viewpoint of a female viewer, I really enjoyed Lucky Star because the show is solely dedicated to its female characters. As for Konata Izumi, our high school student with a penchant for all the games and anime she can fit into her day, she is everything we never get to see in the main character of a series - outrightly otaku, but still female. This is departing from, for example, the series Genshiken, which reveals both the positives and negatives of the stereotypical types of otaku lifestyles, making for a more somber and pathetic image of otaku in general.
In addition, one of the most interesting aspects for me is the inclusion of Patricia Martin in future episodes, the American exchange student who works with Konata at the cosplay cafe. Her character is a reminder to the rest of the world viewers that Japan and the anime industry is aware of the huge popularity of anime overseas. She also represents the growing curiosity of non-Japanese to travel to and live in Japan to learn more about its culture and history, and to spread the knowledge wherever they go.

There are a couple of interesting points about the way that Lucky Star is translated from the original Japanese: it retains much more of the original Japanese terms and honorifics than any other anime I had seen before. The Volume 1 liner notes begin by giving a short explanation of the uses of "-san, -chan" and the rest of the honorific name suffixes used in the show because for the most part, all of these are included in the English dialogue. Nicknames are also still retained, and many types of cuisine and phrases used in jokes are well-documented in the liner notes of each volume so that the English viewer might still get the gist of the original Japanese jokes.
For example, in Episode 3 where Konata and the twins are discussing the subtleties between fraternal and identical twins, the original line that ends the conversation where Konata says that "all this talk of eggs and sausage is getting me hungry" is retained in the English, even though only the liner notes go on to explain the original Japanese word phrases as ending sounding much like the English word sausage when pronounced in Japanese. These are examples of where the liner notes become necessary to the average American viewer who has a less-than-fluent understanding of Japanese. I really enjoyed this style of translation because as a purist, I generally enjoy anime more when the original Japanese is retained throughout the English translations and notes help to further that end.

Finally, The English dub for Lucky Star is overall very enjoyable, and the voice actresses do a fine job of following the tone of the original Japanese. Highlights include Bandai's decision to bring back Wendee Lee, the English voice of Haruhi Suzumiya, as the voice of Konata. For those familiar with Aya Hirano's work on both of the original Japanese tracks this is a good way to reference that connection. Kari Wahlgren as the voice of Kagami is especially hilarious in English, and she recreates her moments of frustration very well.

最初に「らき☆すた」を見たときは、外からの引用があまりに多すぎてさっぱり分からなかったというのが正直なところです。チョココロネのことは知っていましたが、この作品の本当に意図することは他にあるはずだと考えずにはいられませんでした。そのうちに気がついたのは、「らき☆すた」はなにげない日常生活をオモシロ可笑しく見ているということです。そして自分たちの現実世界はそれほど退屈ではないし、コミカルで感情的な瞬間で満ちていて、日々を過ごす中で後から繰り返し思い出したりするものだということ。それは女の子たちが話しているシーンと、現実の出来事のシーンとの狭間によく表れています。例えば、"こなた"が"みゆきさん"の「萌え」要素をいろいろ話し、その直後のシーンで"みゆきさん"が偶然にもそれを証明するような行動をしてしまうところです。

「らき☆すた」はこれまでに観てきたアニメのなかでもとても斬新でした。現代の埼玉県在住の女子高生たちをリアルに描写していることが大きいと思いますが、リアル社会のディテールが描かれていながらも、観る方はこれがほのぼのとしたコミック・アニメの世界だということも分かっています。「らき☆すた」に出てくる現実のオタク文化の引用は日本人でなくともハマってしまうものがあり、これはアニメの世界を題材にしたアニメ、「メタアニメ」の好例ともいえるでしょう。
そもそもインターネットが無ければ、アメリカ人が本作に興味を持つことはあまり無かったと思います。"こなた"が70年代のTVコマーシャル「ティモテ〜」をマネをしているのを観て、早速、Youtubeで元ネタをチェックすることが可能だからこそ、「らき☆すた」はもはや日本限定でなく場所を問わずに楽しめるコミック・アニメになるのです。

女性ファンの視点としては、もっぱら女性キャラに重点が置かれているというのも面白いところです。ゲームやアニメへの強烈な嗜好が日常を占める"泉こなた"に関しては、オタクなことを隠さず、それも女の子と、アニメの主人公としては珍しい存在。オタクの典型的な生活とその長所・短所を描いた「げんしけん」シリーズにあるような、ネクラなオタクという一般的なイメージを払拭してくれています。
またもっと興味深いのは、今後のエピソードに登場する、アメリカ人の交換留学生であり"こなた"と一緒にコスプレ喫茶で働く"パトリシア・マーティン"の存在です。彼女のキャラクターは、世界でアニメがものすごい人気だということを日本人もアニメ業界もちゃんと分かっているよ、と世界中の視聴者にアピールしています。"パトリシア"は非日本人が持つ日本に対する好奇心そのものです。日本に旅行に行ったり住んだりして文化と歴史を学ぶ「外人」は、行く先々でもその知識を広めてみたりするのです。

オリジナル日本語の英語翻訳に関しても、いくつか面白い点が挙げられます。これまで観てきたアニメと違って、もともとの日本語の言葉や敬語をそのまま使っているところが多く見られます。Vol.1のライナーノートは作中に出てくる「〜さん」「〜ちゃん」など、名前に付く敬語の使い方の短い説明から始まりますが、実は英語音声でも「〜san」「〜chan」がそのまま使われています。ニックネームもそのままです。食べ物やジョークのフレーズなどはライナーノートにしっかり書いてあるので、英語が母国語の視聴者も日本語のジョークの主旨が分かるしくみです。
例えば、第3話で"こなた"と柊姉妹が一卵性と二卵性双生児の細かい違いについて話しているところでは、英語字幕・音声はオリジナルのセリフと同じ「卵とかソーセージとか話してたらお腹空いたね」と言う"こなた"の言葉がそのまま翻訳されています ("all this talk of eggs and sausage is getting me hungry")。日本語の「双生児」が英語の「Sausage」の発音に似ているということは、ライナーノートを読むと初めて分かります。こんなところで、日本語が分からない普通のアメリカ人にはこのライナーノートが不可欠ですし、またできるだけオリジナルに近い形で楽しみたいアニメ純粋主義者としても、オリジナルに忠実な翻訳があって、さらにライナーノートでの詳しい解説が理解を助けてくれるのは嬉しいものです。

最後に、「らき☆すた」の英語吹替えはとても楽しめました。声優陣の演技はオリジナル日本語の口調に忠実でなかなかいいと思います。Bandai社が"涼宮ハルヒ"役と同じウェンディー・リーを"こなた"に起用したのは特筆すべきところ。日本語では平野綾がどちらも演じているのに馴染んでいるだけあってうれしい繋がりです。"かがみ"役のカリ・ワルグレンも、フラストレーションいっぱいの感じをうまく再現しています。


   
  特別収録
     

限定盤Vol.1の仕様は、プリントが美しいハードな限定ケースに、CD2枚と付属特典が入っている。付属特典のハイライトはTシャツ。ど真ん中に等身大のセーラー服がプリントされた、ちょっと外では着れないXLサイズ。(ちなみにVol.2限定盤付属のTシャツはこなたのスクール水着Tシャツ)そしてチョココロネ型のスクリーン・ワイプ。チョココロネからはみ出てくるチョコレートの部分が清掃布になっている。また、作品中の引用をアメリカのユーザー向けに解説したライナーノートは、日本人でもなるほどと思うようなことが書いてあるので是非ともチェック。(ただ、「バカは風邪ひかない」を「バカだけが風邪をひく」と間違って解説していたり・・・。)
ライナーノートと特典映像は、通常盤にも同じものが収録されている。ジャケット・アーとピクチャー・ディスクが限定盤と通常盤で絵柄が異なるのは「涼宮ハルヒの憂鬱」と同様の仕様だ。

<付属特典>
Liner Notes:作中の引用のいくつかを解説したライナーノート(英文)
"Motteke Sailor Fuku" Opening CD:「もってけ!セーラーふく」CD
"Konata Izumi" Character CD:「泉こなた」キャラクターCD
Chocolate Coronet Screen Wipe:チョココロネ型のスクリーン清掃布
Girl's Winter School Uniform Print T-shirt:冬のセーラー服がプリントされたTシャツ(XLサイズ)

<特典映像>
Key Scenes Galleries #1, #2:ハイライト・カット集(日本語テキスト、英語字幕付)
Opening with Lyrics:歌詞入りオープニング・テーマ(英語字幕付)
Promo Clip:テレビCM
The Adventures of Minoru Shiraishi #1:城ヶ島でのロケ風景「白石みのるの冒険」(英語字幕付)
Trailers:Bandai Entertainmentからリリースの他の作品の予告編


   
画 質
     

オリジナル1.78:1アナモルフィック収録の映像は、明るく楽しくカラフルな絵をビビットに再現した上質な仕上がり。顔の表情や髪のつやなど、ていねいに作画されていることがしっかり分かる非常に優れた画質クオリティ。背景を単純化している教室内などのシーンは、大画面では間延びするかと思えばそうでもなく予想外に奥行き感がある。イラスト風の背景画もきれい。ノイズや汚れの類いは皆無で、ほぼ完璧な画質と言えるだろう。

字幕は英語字幕が二種類収録されており、"Subtitles"は、セリフを含めたすべての日本語を英語字幕化したもの、"Text Only"は背景や説明など絵の中で使われている日本語のみを字幕として表示するもので、いずれかの選択が可能。もちろん字幕はON/OFF切り替え可能。


   
音 質
     

音声は日本語ステレオと英語ステレオ音声を収録。ハイパーアクティブなオープニングが終わるとゆるい会話が続き、抑揚のない音の連続だが、何気ない会話の中で次にどんなセリフが出てくるかは予想がつかない。ちょっと口ごもるところ、早口のところ、ささやいているようなところもあるので、一言も聞き漏らさないようにと思ったらボリュームは高めにしておくべき。
セリフは日本語音声、英語音声ともに明瞭。作品内容からいってサウンドトラックの活躍はミニマムだが、声優の声の表情はとてもよく表れている楽しい音声だ。


   
      Review By 尋 & Jen    
Disc Reviews Title List  
ディスク・レビュー・アーカイブ
The Sessions (Blu-ray-SP)
セッションズ
2013/07/30
       
Les Miserables (2012)(Blu-ray/DVD)
レ・ミゼラブル
2013/04/02
       
Chronicle: Extended Edition (Blu-ray-UK)
クロニクル
2012/07/10
       
Rango (Blu-ray/DVD)
ランゴ
2011/07/19
       
Battle: Los Angeles (Blu-ray)
世界侵略:ロサンゼルス決戦
2011/06/14
       
Let Me In (Blu-ray)
モールス
2011/02/15
       
Winter's Bone (Blu-ray)
ウィンターズ・ボーン
2010/12/21
       
The Kids Are All Right (Blu-ray)
キッズ・オールライト
2010/11/23
       
Scott Pilgrim Vs. The World: Level Up! Collector's Edition (Blu-ray/DVD)
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
2010/11/09
       
How To Train Your Dragon (Blu-ray/DVD)
ヒックとドラゴン
2010/10/19
       
Splice (Blu-ray/DVD)
スプライス
2010/10/12
       
Seven (Blu-ray Book)
セブン
2010/09/28
       
Letters To Juliet (Blu-ray/DVD)
ジュリエットからの手紙
2010/09/21
       
MacGruber: The Unrated Ultimate Tool Edition (Blu-ray)
ほぼ冒険野郎 マクグルーバー
2010/09/14
       
9th Company: Collector's Edition (Blu-ray)
2010/08/31
       
The City Of Your Final Destination (Blu-ray)
最終目的地
2010/08/24
       
Date Night: Extended Edition (Blu-ray)
デート&ナイト
2010/08/10
       
Kick-Ass (Blu-ray/DVD)
キック・アス
2010/08/03
       
Repo Men (Blu-ray)
レポゼッション・メン
2010/07/27
       
The Runaways (Blu-ray)
ランナウェイズ
2010/07/20
       
Chloe (Blu-ray)
クロエ
2010/07/13
       
The Hurt Locker (Blu-ray)
ハート・ロッカー
2010/01/26
       
Nikkatsu Noir: Criterion Eclipse Series Volume 17
俺は待ってるぜ / 錆びたナイフ / 13号待避線より その護送車を狙え / 拳銃残酷物語 / 拳銃(コルト)は俺のパスポート
2009/09/22
       
Lucky Star: OVA
らき☆すた OVA
2009/08/04
       
Watchmen: Director's Cut (Blu-ray)
ウォッチメン
2009/07/21
       
Tokyo Sonata: The Masters Of Cinema Series (Blu-ray-UK)
トウキョウソナタ
2009/06/30
       
Leaving Las Vegas (Blu-ray-GR)
リービング・ラスベガス
2009/06/16
       
The Reader (Blu-ray)
愛を読むひと
2009/06/09
       
Escape From New York (Blu-ray-FR)
ニューヨーク1997
2009/05/26
       
Slumdog Millionaire (Blu-ray)
スラムドッグ$ミリオネア
2009/05/19
       
Twilight: Special Edition (Blu-ray)
トワイライト 初恋
2009/05/05
       
Shine A Light (Blu-ray)
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
2008/08/19
       
Lucky Star Vol.1: Special Limited Edition
らき☆すた #1(限定盤)
尋 & Jen 2008/07/22
       
Bonnie And Clyde (Blu-ray Book)
俺たちに明日はない
2008/05/06
       
Tekkon Kinkreet (Blu-ray)
鉄コン筋クリート
2007/10/23
       
Horrors Of Malformed Men
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
2007/09/11
       
The Melancholy Of Haruhi Suzumiya: Vol.1: Special Limited Edition
涼宮ハルヒの憂鬱 #1(限定盤)
2007/06/26
       
The Wildcat
山猫リュシュカ
アキ 2007/05/15
       
Story Of A Prostitute: Criterion Collection
春婦伝
アキ 2007/03/06
       
This Film is Not Yet Rated
2007/02/20
       
Twentieth Century
特急二十世紀
アキ 2007/02/04
       
Nico And Dani
Y-Beer 2007/01/29
       
Gonin / Gonin 2
GONIN / Gonin 2
2006/10/31
       
Batman Begins (HD DVD)
バットマン ビギンズ
2006/10/17
       
The L Word: The Complete First Season
Lの世界:シーズン1
2006/09/19
       
Cirque Du Soleil: Corteo
シルク・ドゥ・ソレイユ:コルテオ
2006/08/22
       
The Boondock Saints: Unrated Special Edition
処刑人
2006/08/01
       
The Phantom Of The Opera (HD DVD)
オペラ座の怪人
2006/07/18
       
The Chronicles Of Narnia: The Lion, The Witch And The Wardrobe: Two-Disc Collector's Edition (DTS)
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
M.S. 2006/05/16
       
Brokeback Mountain (Widescreen)
ブロークバック・マウンテン
2006/04/18
       
Bringing Up Baby: Two-Disc Special Edition
赤ちゃん教育
H.H 2006/04/04
       
The Thing Called Love: Director's Cut
愛と呼ばれるもの
2006/03/21
       
Pride And Prejudice (2005 / Widescreen)
プライドと偏見
2006/03/07
       
Zombi (a.k.a Zombi 2) (Blue Underground)
サンゲリア
T.Y. 2005/10/25
       
Angel Guts
女高生 天使のはらわた / 天使のはらわた 赤い教室 / 天使のはらわた 名美 / 天使のはらわた 赤い淫画 / 天使のはらわた 赤い眩暈
2005/10/11
       
The Night Of The Following Day
私は誘拐されたい
T.Y. 2005/08/30
       
Tru Calling: Season Two
トゥルー・コーリング:シーズン2
2005/08/16
       
Venus In Furs (1969)
ビーナスの誘惑・美しき裸身の復讐
T.Y. 2005/06/25
       
Dawn Of The Dead: Ultimate Edition (DTS)
ゾンビ:アルティメート・エディション
A.W 2005/06/14
       
Battle Of The Bulge
バルジ大作戦
A.W 2005/05/31
       
The Texas Chainsaw Massacre: Special Edition
悪魔のいけにえ
Novelist 2005/05/24
       
Terror Train
テラー・トレイン
T.Y. 2005/05/17
       
Suspiria: Limited Edition (DTS ES)
サスペリア
A.W 2005/05/10
       
Bad Education (NC-17 Version)
バッド・エデュケーション
2005/04/26
       
Fandango
ファンダンゴ
A.W 2005/03/29
       
Hiroshima Mon Amour: Criterion Collection
二十四時間の情事
アキ 2005/03/15
       
Tanz Des Satans (PAL-GR)
T.Y. 2005/03/08
       
Robin And Marian
ロビンとマリアン
A.W 2005/02/22
       
Hitcher In The Dark
殺しのヒッチャー/震える白い肌
T.Y. 2005/02/14
       
The Lucio Fulci Collection #1: The House By The Cemetery / The Beyond: Special Edition
墓地裏の家 / ビヨンド
A.W 2005/02/07
       
Pale Flower
乾いた花
K.S. 2005/01/17
       
The Lucio Fulci Collection #2: The New York Ripper / Manhattan Baby
ザ・リッパー / マンハッタン・ベイビー
T.Y. 2005/01/10
       
The Boston Strangler
絞殺魔
A.W 2004/12/06
       
Schizo
T.Y. 2004/11/29
       
Black Sunday (1977)
ブラック・サンデー
A.W 2004/11/15
       
The Sentinel (Universal)
センチネル
A.W 2004/10/26
       
Lilith
リリス
アキ 2004/10/17
       
The Slayer (PAL-UK)
魔島
T.Y. 2004/10/11
       
Eurotrip: Unrated Widescreen Edition
ユーロトリップ
kzn 2004/10/03
       
Designing Woman
バラの肌着
アキ 2004/09/27
       
Coffee And Cigarettes
コーヒー&シガレッツ
2004/09/21
       
Scattered Clouds (PAL-SP)
乱れ雲
アキ 2004/08/30
       
Seven Blood Stained Orchids
T.Y. 2004/08/23
       
Shadrach
シャドラック
2004/08/16
       
Biograph Shorts: Griffith Masterworks
アキ 2004/08/03
       
My Dear Killer
T.Y. 2004/07/06
       
Umberto D.: Criterion Collection
ウンベルトD
アキ 2004/06/29
       
Najica Blitz Tactics Vol.1 (with Collector's Box and Panties)
ナジカ電撃作戦 #1(ボックス+パンティ付き)
LEO 2004/06/22
       
What Have You Done To Solange?
ソランジェ / 残酷なメルヘン
T.Y. 2004/06/01
       
The Secret Lives Of Dentists: Special Edition
kzn 2004/05/23
       
Targets
殺人者はライフルを持っている!
アキ 2004/05/18
       
The Bloodstained Shadow
ソラメンテ・ネロ
T.Y. 2004/04/19
       
Pickup On South Street: Criterion Special Edition
拾った女
アキ 2004/04/05
       
Spasmo
スパズモ
T.Y. 2004/03/15
       
The Rules Of The Game: Criterion Special Edition
ゲームの規則
アキ 2004/03/08
       
Sailor Moon R The Movie: The Promise Of The Rose
<劇場版>セーラームーンR
LEO 2004/03/01
       
The Prowler
ローズマリー
T.Y. 2004/02/24
       
Lupin The 3rd: The Movie: The Secret Of Mamo
ルパン三世 ルパンVS 複製人間
LEO 2004/02/10
       
Pecker: Special Edition
I Love ペッカー
kzn 2004/02/02
       
Trouble In Paradise: Criterion Collection
極楽特急
アキ 2004/01/19
       


レビューアー大募集!

このコーナーにあなたもディスク・レビューを書いてみませんか?
DVD Fantasium では一般のユーザーからもレビューアーを大募集しています。米国盤・PAL盤であれば、ジャンルは問いません。幅広い作品のレビューを求めています。採用された方にはレビュー用DVDを無料提供。我こそはという方は、好きな映画のジャンルをお書き添えのうえ、support@fantasium.com までお問い合わせください。折り返し詳細をご連絡いたします。