DVD Fantasium
米国版DVDオンラインショップ Shopping CartWish ListLog InAccount InfoContactHome
  Genre Search Genre Search Price Down Special Sale Romors  
  Movie Dialogue Easter Eggs Artwork Gallery Editor's Choice Disk Reviews  
   
 
   
     
一般的に画質や音質のクオリティが高く、特別収録が豊富といわれている米国盤DVD、そしてよりハイ・クオリティを誇るBlu-ray。でも実際に視聴したうえでの具体的な評価が知りたい!という方のために、映画を愛し、そして米国盤ディスクをこよなく愛するレビューアが、作品の見どころ、DVD/Blu-rayの画質、音質、特別収録の内容を詳しくご紹介。各ジャンルに精通した専属レビューアによる、さまざまな作品のレビューをお届けします。

レビューアー大募集!
このコーナーにあなたもディスク・レビューを書いてみませんか?
DVD Fantasium では一般のユーザーからもレビューアを大募集しています。DVD/Blu-rayであれば、ジャンルは問いません。幅広い作品のレビューを求めています。採用された方には次回レビュー用DVDを無料提供。我こそはという方は、好きな映画のジャンルをお書き添えのうえ、 review@fantasium.com までお問い合わせください。折り返し詳細をご連絡いたします。
Disc Review RSS Disc Review RSS Help
最新レビュー
 

Hitcher In The Dark (1989)
(殺しのヒッチャー/震える白い肌)

<作品データ>
リージョン: 1
制作: Media Blasters
映像仕様: LBX
音声仕様: Dolby Digital Mono (English)
作品時間: 90分
画面比率: 1.85:1
CC: No
字幕: None


あらすじ
   

アメリカ南部のホテル王の御曹司マーク(ジョー・バロフ)は母親(=ロシア出身のブロンド女性)に対する屈折した想い故に、その母親に似た女性をターゲットにした連続殺人鬼と化している。目下キャンピング・カーに乗って旅行中のマークは今日も若いブロンド女性ヒッチハイカーを拾ったのちに、ハサミをもって惨殺し、その死体を沼に遺棄するのだった。
それから間もなく、マークは近くのキャンプ場でダニエラ・フォスター(ジョシー・ビセット)という18歳のブロンド少女に目を付ける。ボーイフレンドのケビン(ジャイソン・ソーシアー)と喧嘩をしてしまったダニエラは、翌日にはバス亭に向かう道で待伏せしていたマークのキャンピング・カーに乗ってしまう。そのダニエラが今まで殺害してきた被害者たち以上に母親と似ていることから、マークは彼女を監禁することを強く欲しており、バス亭に着く手前で言葉巧みに睡眠薬を飲ませるのだった。
こうして訳も分からずキャンピング・カーの中に監禁の身となってしまったダニエラは機会ある毎に脱出を試みるものの、いずれも失敗。更に、マークはダニエラの髪の毛を母親と同じようなショート・カットにまで切ってしまう。ダニエラはこの状況を逆手に取って、相手のマザー・コンプレックスを利用することで上手く宥め込もうという戦略に転換してみる。しかし、マークが連続殺人鬼であることに気づくと、やはり逃げ出す以外に生き延びる術はないと悟るのだった。
一方、いくら喧嘩をしたとはいえども、その直後に突然失踪してしまったダニエラを懸命に探すケビンは試行錯誤を繰り返しながらも、数少ない目撃証言をもとに問題のキャンピング・カーに近付いていく。そして、遂にキャンピング・カーの現在地を突き止めた彼は何とかダニエラの救出に成功。しかし、2人して逃げようとしたところをマークに見つかってしまい、今度はダニエラのみならずケビンまでもが監禁の目に遭ってしまうのだった。


    見どころ  
     

1969年の『狂った蜜蜂』をもってジャーロ映画界入りを果たして以来いくつかの秀作を撮ったものの、1974年の『スパズモ』の失敗を受けて、そのジャンルから敗退したウンベルト・レンツィ監督は代わりに警察映画、ホラー映画、戦争映画、そしてコメディー映画とジャンル不問の娯楽作品を連発。一方、1970年代に『欲情の血族』(1973年)を初めとする異色ジャーロ映画の作り手として一定の評価を得たジョー・ダマート監督は1980年に自身の映画制作会社「FILMIRAGE」を立ち上げると、主にソフト・コア調のドラマ映画を制作し始めた。しかし、1987年に同社の制作したホラー調のジャーロ映画『アクエリアス』がヒットすると、ダマートはジャンル経験者としてのレンツィを招き、まずは1988年にホラー映画の『ゴーストハウス』を、次にはジャーロ映画である本作(1989年)をプロデュースするに至ったのである。因みに、FILMIRAGEは決してジャーロ専門の会社ではないが、『アクエリアス』と本作の他にも、『SUL FILO DEL RASOIO』(1992年、※1)という正等派ジャーロの水準作を制作している。従って、本作はレンツィ映画であると同時にダマート映画でもあるのだが、人材的にはダマート色が濃厚であるという客観的事実(例えばダマート映画の常連編集者ロザンナ・ランディが編集を担当していることや、FILMIRAGEの常連俳優ジェイソン・ソーシアーが助演を務めていること等)は注目に値する。
更には、一般的には本作はUSA映画の『サイコ』(1960年)や『ヒッチャー』(1986年)からインスピレーションを得ていると云われており、それはそれで部分的には正しい説ではあるものの、本作のストーリーの本質部分は他ならぬダマートの監督したジャーロ作品である『Emanuelle E Francoise Le Sorelline』(1975年、※2)や『ビヨンド・ザ・ダークネス/嗜肉の愛』(1979年)に由来しているのである。即ち、本作の基本部分はダマートのジャーロ、特に『ビヨンド・ザ・ダークネス』と同様に「特定の女性像に対する強迫観念のもたらす猟奇的犯罪とその皮肉な結末」にあるのである。但し、本作はその『Emunuelle E Francoise Le Sorelline』や『ビヨンド・ザ・ダークネス』、或いはダマート=レンツィ・コンビの別作『ゴーストハウス』に比べると、心理描写に重点を入れているので、物理描写面ではアメリカ的に大人しく、むしろ後者にイタリア的派手さを期待しがちなジャンル・ファンの間での評判はイマイチ芳しくなかった。又、ダマートとレンツィは共にベテラン・クリエーターとしての自負心が人一倍強かったので、コンビそのものもうまく機能せず、2人の提携関係は短期間で解消されるに至ってしまったのである。
結局、本作『殺しのヒッチャー/震える白い肌』の強みはストーリー上の斬新性やイタリア的残酷描写にではなく、以下の2点にこそあるといえよう。1つ目はジョシー・ビセットという才能ある新人女優の存在そのものである。イタリア・ジャーロ映画界は長年に渡り、世界各国の才能ある新人たちを世に出してきた実績を誇るわけであるが、今回のジョシーの発掘もジャーロ映画の功績の1つといって間違いない。もう1つの強みは、あたかもアメリカ映画であるかの如く全篇を作り上げながらも尚イタリア色を出すことに成功しているという点にある。カメレオンの如く目的に応じて自由自在に変身を遂げつつも一貫した自己主張を続けられることもジャーロ映画の伝統的強みであり、例えば1978年の『完全犯罪/パーフェクト・クライム』はあたかもイギリス映画であるかの如き絵作りを実行しながらも同時に回想シーンの多用をもってイタリア色を出すことにも成功している。本作も同様に、観る者にアメリカ映画であるように勘違いさせるような絵作りを持っているが、サスペンス描写、特にケビンがダニエラを探していくプロセス描写は回想シーンを巧みに交えたイタリア的作りになっているのである。
ここで、主人公たちを好演している2人の俳優について簡単に記す。
ヒロインのダニエラ役を好演して本作の質向上に最大限の貢献を果たしているジョシー・ビセットは(作中のヒロイン同様に)ワシントン州シアトル出身の美人女優であり、本作は映画デビュー作に当たる。本作のあとにもイタリア映画の『デザイヤー/仮面舞踏会は媚薬の香り』(1990年)でヒロインを熱演し、この2作に於ける好演を認められて、自国の映画産業、特にTV映画界の仲間入り。因みに、自国に於ける代表作としては日本でも好評を博した人気TVシリーズ『メイローズ・プレイス』(1992年〜1999年)の名が挙げられる。一方、ジョー・バロフは1980年代後半に自国アメリカ製のインディーズ・ホラー映画数本に出演したのちに、本作で精神を病んだ青年マークを好演。レンツィ監督にも気に入られて、同監督の『ブラック・デモンズ』(1991年)にも出演したが、本作に於けるような好演を再現できず、結果的にはレンツィ監督の失望を買う目に遭った。

(※1)『SUL FILO DEL RASOIO』(1992年、イタリア)は、アルプスの保養地で発生した変死事件の謎解きに挑む女性の姿を描いたモダン・ジャーロ映画であり、スタッフの一部は本作と重なっている。

(※2)『Emanuelle E Francoise Le Sorelline』(1975年、イタリア)は、妹を自殺に追いやった男に復讐していく女性の姿を描いた異色ジャーロ映画であり、復讐は復讐でも相手を性的に苦しめていくタイプの復讐を描いているという点にダマートらしさの全開を見ることが出来る。当然のことながら、ダマートは本作のダニエラとマークにもこの『Emanuelle E Francoise Le Sorelline』のような性的対決を行ってほしかったようであるが、ダニエラ役のジョシー・ビセットはそれを拒否し、又レンツィもジョシーの意向を受け入れて、ダマートには従わなかった。


   
  特別収録
     

1)Interview With Director Umberto Lenzi
本作の監督と原案を担当しているウンベルト・レンツィに対するインタビューであり、長さにして約10分ある。インタビューの最初の部分は本作の心理的な要素を強調する内容になっており、レンツィ監督は本作の内容は自己の過去作同様にフロイト的であり、要するに過去にトラウマを抱えた人物による犯罪を描いているとの旨を語る。尚、この部分は単なる机上論としては面白いが、学問的に本作の核心を「PSYCHOLOGICAL(心理的/心理学的)」という形容詞をもって表現できるかどうかとなると、非常に怪しいといわざるを得ない。
又、インタビューの中盤部分に入ると、同監督は主演の2人を賞賛し始める。ここでは、ジョシー・ビセットがラブ・シーンの撮影を拒否した為に、映画全体が性的に弱体化してしまったという監督の私見が興味深い。但し、今回のインタビュー全体で最も興味深い内容はこのあとに続く終盤の部分にある。即ち、レンツィ監督によると、元々の本作のストーリーはあくまでも示唆的に幕を閉じるはずだったのだが、ジョー・ダマートの強い意向により、予定外の終盤シークエンスの付け足しを余儀なくされてしまい、結果的には典型的な因果応報物語になってしまったのである。(但し、この部分の話を理解する為には、『狂った蜜蜂』から『スパズモ』に至るレンツィ監督のジャーロ映画群が基本的にアンハッピー・エンドを持っていたという事実を知っておく必要があろう。) 尚、今回のインタビューにはネタばれも含まれているので、本編鑑賞前に手を付けることは避けるべきであろう。

2)Trailers
本作同様にMedia Blasters社からDVD発売済みの『ブラック・デモンズ』(1991年)、『Mio CaroAssassino (a.k.a. My Dear Killer)』(1972年)、そして本作の計3本の予告篇である。これらの3本はいずれもイタリア映画だが、ここに納められている予告篇は本国イタリア向けのものではなく、国際市場向けのものである。実は、この『ブラック・デモンズ』と『Mio Caro Assassino 』の予告篇は劇場用のものでさえなく、あくまでもビデオ用予告篇なので、ここに収められている3本のうち劇場用予告篇なのは本作『殺しのヒッチャー/震える白い肌』のものだけである。


   
画 質
     

アナモルフィック・ワイドスクリーン収録(画面比率:1.85:1)であり、日本版VHS、オランダ版VHS、そしてイタリア版VHSのいずれと比べてもシャープ度で秀でた出来であり、ノイズも少ない。ウンベルト・レンツィ監督作品は元々シンプルな絵作りを基本とするので、本作の映像もシンプルで殆ど没個性的とさえいえる。従って、今回のDVD本編の映像も(今日のハリウッド映画のようなダイナミック性にこそ欠けるものの)、始終安定しているので見やすいことは見やすい。敢えて難点を挙げると、全体的に画面が少々暗めであるような印象も受けるのだが、この点はモニター側の微調節で対応出来よう。
尚、本DVDの本編部分には字幕やCC(クローズド・キャプション)は収録されていないが、イタリア語で成されたインタビュー部分には英語字幕が入っている。


   
音 質
     

Dolby Digitalの英語モノラル音声のみ。こちらもダイナミック性には欠けるものの、本作の音声は元々、映像同様に比較的平坦な構成なので、通常の鑑賞に差し支えはないように思われる。又、本作は舞台設定がアメリカ南部という英語圏なので、音声が英語であること自体にも重大な問題はないといえよう。しかし、本作はあくまでもイタリア映画であり、実際イタリア版VHSに収録されているイタリア語音声も捨て難い魅力を持っているので、理想的にはそのイタリア語音声の収録も欲しかったところである。


   
      Review By T.Y.    
Disc Reviews Title List  
ディスク・レビュー・アーカイブ
The Sessions (Blu-ray-SP)
セッションズ
2013/07/30
       
Les Miserables (2012)(Blu-ray/DVD)
レ・ミゼラブル
2013/04/02
       
Chronicle: Extended Edition (Blu-ray-UK)
クロニクル
2012/07/10
       
Rango (Blu-ray/DVD)
ランゴ
2011/07/19
       
Battle: Los Angeles (Blu-ray)
世界侵略:ロサンゼルス決戦
2011/06/14
       
Let Me In (Blu-ray)
モールス
2011/02/15
       
Winter's Bone (Blu-ray)
ウィンターズ・ボーン
2010/12/21
       
The Kids Are All Right (Blu-ray)
キッズ・オールライト
2010/11/23
       
Scott Pilgrim Vs. The World: Level Up! Collector's Edition (Blu-ray/DVD)
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
2010/11/09
       
How To Train Your Dragon (Blu-ray/DVD)
ヒックとドラゴン
2010/10/19
       
Splice (Blu-ray/DVD)
スプライス
2010/10/12
       
Seven (Blu-ray Book)
セブン
2010/09/28
       
Letters To Juliet (Blu-ray/DVD)
ジュリエットからの手紙
2010/09/21
       
MacGruber: The Unrated Ultimate Tool Edition (Blu-ray)
ほぼ冒険野郎 マクグルーバー
2010/09/14
       
9th Company: Collector's Edition (Blu-ray)
2010/08/31
       
The City Of Your Final Destination (Blu-ray)
最終目的地
2010/08/24
       
Date Night: Extended Edition (Blu-ray)
デート&ナイト
2010/08/10
       
Kick-Ass (Blu-ray/DVD)
キック・アス
2010/08/03
       
Repo Men (Blu-ray)
レポゼッション・メン
2010/07/27
       
The Runaways (Blu-ray)
ランナウェイズ
2010/07/20
       
Chloe (Blu-ray)
クロエ
2010/07/13
       
The Hurt Locker (Blu-ray)
ハート・ロッカー
2010/01/26
       
Nikkatsu Noir: Criterion Eclipse Series Volume 17
俺は待ってるぜ / 錆びたナイフ / 13号待避線より その護送車を狙え / 拳銃残酷物語 / 拳銃(コルト)は俺のパスポート
2009/09/22
       
Lucky Star: OVA
らき☆すた OVA
2009/08/04
       
Watchmen: Director's Cut (Blu-ray)
ウォッチメン
2009/07/21
       
Tokyo Sonata: The Masters Of Cinema Series (Blu-ray-UK)
トウキョウソナタ
2009/06/30
       
Leaving Las Vegas (Blu-ray-GR)
リービング・ラスベガス
2009/06/16
       
The Reader (Blu-ray)
愛を読むひと
2009/06/09
       
Escape From New York (Blu-ray-FR)
ニューヨーク1997
2009/05/26
       
Slumdog Millionaire (Blu-ray)
スラムドッグ$ミリオネア
2009/05/19
       
Twilight: Special Edition (Blu-ray)
トワイライト 初恋
2009/05/05
       
Shine A Light (Blu-ray)
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
2008/08/19
       
Lucky Star Vol.1: Special Limited Edition
らき☆すた #1(限定盤)
尋 & Jen 2008/07/22
       
Bonnie And Clyde (Blu-ray Book)
俺たちに明日はない
2008/05/06
       
Tekkon Kinkreet (Blu-ray)
鉄コン筋クリート
2007/10/23
       
Horrors Of Malformed Men
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
2007/09/11
       
The Melancholy Of Haruhi Suzumiya: Vol.1: Special Limited Edition
涼宮ハルヒの憂鬱 #1(限定盤)
2007/06/26
       
The Wildcat
山猫リュシュカ
アキ 2007/05/15
       
Story Of A Prostitute: Criterion Collection
春婦伝
アキ 2007/03/06
       
This Film is Not Yet Rated
2007/02/20
       
Twentieth Century
特急二十世紀
アキ 2007/02/04
       
Nico And Dani
Y-Beer 2007/01/29
       
Gonin / Gonin 2
GONIN / Gonin 2
2006/10/31
       
Batman Begins (HD DVD)
バットマン ビギンズ
2006/10/17
       
The L Word: The Complete First Season
Lの世界:シーズン1
2006/09/19
       
Cirque Du Soleil: Corteo
シルク・ドゥ・ソレイユ:コルテオ
2006/08/22
       
The Boondock Saints: Unrated Special Edition
処刑人
2006/08/01
       
The Phantom Of The Opera (HD DVD)
オペラ座の怪人
2006/07/18
       
The Chronicles Of Narnia: The Lion, The Witch And The Wardrobe: Two-Disc Collector's Edition (DTS)
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
M.S. 2006/05/16
       
Brokeback Mountain (Widescreen)
ブロークバック・マウンテン
2006/04/18
       
Bringing Up Baby: Two-Disc Special Edition
赤ちゃん教育
H.H 2006/04/04
       
The Thing Called Love: Director's Cut
愛と呼ばれるもの
2006/03/21
       
Pride And Prejudice (2005 / Widescreen)
プライドと偏見
2006/03/07
       
Zombi (a.k.a Zombi 2) (Blue Underground)
サンゲリア
T.Y. 2005/10/25
       
Angel Guts
女高生 天使のはらわた / 天使のはらわた 赤い教室 / 天使のはらわた 名美 / 天使のはらわた 赤い淫画 / 天使のはらわた 赤い眩暈
2005/10/11
       
The Night Of The Following Day
私は誘拐されたい
T.Y. 2005/08/30
       
Tru Calling: Season Two
トゥルー・コーリング:シーズン2
2005/08/16
       
Venus In Furs (1969)
ビーナスの誘惑・美しき裸身の復讐
T.Y. 2005/06/25
       
Dawn Of The Dead: Ultimate Edition (DTS)
ゾンビ:アルティメート・エディション
A.W 2005/06/14
       
Battle Of The Bulge
バルジ大作戦
A.W 2005/05/31
       
The Texas Chainsaw Massacre: Special Edition
悪魔のいけにえ
Novelist 2005/05/24
       
Terror Train
テラー・トレイン
T.Y. 2005/05/17
       
Suspiria: Limited Edition (DTS ES)
サスペリア
A.W 2005/05/10
       
Bad Education (NC-17 Version)
バッド・エデュケーション
2005/04/26
       
Fandango
ファンダンゴ
A.W 2005/03/29
       
Hiroshima Mon Amour: Criterion Collection
二十四時間の情事
アキ 2005/03/15
       
Tanz Des Satans (PAL-GR)
T.Y. 2005/03/08
       
Robin And Marian
ロビンとマリアン
A.W 2005/02/22
       
Hitcher In The Dark
殺しのヒッチャー/震える白い肌
T.Y. 2005/02/14
       
The Lucio Fulci Collection #1: The House By The Cemetery / The Beyond: Special Edition
墓地裏の家 / ビヨンド
A.W 2005/02/07
       
Pale Flower
乾いた花
K.S. 2005/01/17
       
The Lucio Fulci Collection #2: The New York Ripper / Manhattan Baby
ザ・リッパー / マンハッタン・ベイビー
T.Y. 2005/01/10
       
The Boston Strangler
絞殺魔
A.W 2004/12/06
       
Schizo
T.Y. 2004/11/29
       
Black Sunday (1977)
ブラック・サンデー
A.W 2004/11/15
       
The Sentinel (Universal)
センチネル
A.W 2004/10/26
       
Lilith
リリス
アキ 2004/10/17
       
The Slayer (PAL-UK)
魔島
T.Y. 2004/10/11
       
Eurotrip: Unrated Widescreen Edition
ユーロトリップ
kzn 2004/10/03
       
Designing Woman
バラの肌着
アキ 2004/09/27
       
Coffee And Cigarettes
コーヒー&シガレッツ
2004/09/21
       
Scattered Clouds (PAL-SP)
乱れ雲
アキ 2004/08/30
       
Seven Blood Stained Orchids
T.Y. 2004/08/23
       
Shadrach
シャドラック
2004/08/16
       
Biograph Shorts: Griffith Masterworks
アキ 2004/08/03
       
My Dear Killer
T.Y. 2004/07/06
       
Umberto D.: Criterion Collection
ウンベルトD
アキ 2004/06/29
       
Najica Blitz Tactics Vol.1 (with Collector's Box and Panties)
ナジカ電撃作戦 #1(ボックス+パンティ付き)
LEO 2004/06/22
       
What Have You Done To Solange?
ソランジェ / 残酷なメルヘン
T.Y. 2004/06/01
       
The Secret Lives Of Dentists: Special Edition
kzn 2004/05/23
       
Targets
殺人者はライフルを持っている!
アキ 2004/05/18
       
The Bloodstained Shadow
ソラメンテ・ネロ
T.Y. 2004/04/19
       
Pickup On South Street: Criterion Special Edition
拾った女
アキ 2004/04/05
       
Spasmo
スパズモ
T.Y. 2004/03/15
       
The Rules Of The Game: Criterion Special Edition
ゲームの規則
アキ 2004/03/08
       
Sailor Moon R The Movie: The Promise Of The Rose
<劇場版>セーラームーンR
LEO 2004/03/01
       
The Prowler
ローズマリー
T.Y. 2004/02/24
       
Lupin The 3rd: The Movie: The Secret Of Mamo
ルパン三世 ルパンVS 複製人間
LEO 2004/02/10
       
Pecker: Special Edition
I Love ペッカー
kzn 2004/02/02
       
Trouble In Paradise: Criterion Collection
極楽特急
アキ 2004/01/19
       


レビューアー大募集!

このコーナーにあなたもディスク・レビューを書いてみませんか?
DVD Fantasium では一般のユーザーからもレビューアーを大募集しています。米国盤・PAL盤であれば、ジャンルは問いません。幅広い作品のレビューを求めています。採用された方にはレビュー用DVDを無料提供。我こそはという方は、好きな映画のジャンルをお書き添えのうえ、support@fantasium.com までお問い合わせください。折り返し詳細をご連絡いたします。